発酵食品と酵素の関係

発酵させると酵素が吸収しやすくなる

酵素はドリンクなどの健康食品やサプリメントなどでかなり身近な存在になってきていますが、どのようなものに多く含まれているかご存知でしょうか。
代表的な食材としては、新鮮な生野菜やフルーツ、魚などに多く含まれています。
野菜やフルーツに関しては酵素ドリンクの材料になっているのを目にする機会も多いのでイメージしやすいですが、これらの他にもう一つ酵素が多く含まれているのが発酵食品なのです。
そもそも、酵素ドリンクやサプリメントに関しても発酵させた材料を使用しているケースがほとんどです。
発酵と酵素は非常に密接な関係があるのですが、発酵食品の代表格である味噌や納豆は大豆を使用したものです。
大豆は生のままでは酵素の働きを抑えてしまうのですが、発酵させることによってそういったデメリットがなくなり酵素の働きも良くしてくれるのです。

発酵と酵素の具体的な違い

発酵食品と酵素食品は同じようなものと思われていますが、2つとも当てはまる物があるだけでこの2つは別モノです。
では、具体的にどのような違いがあるのかですが、発酵というのは微生物が食品を分解したとき栄養価が高くなったり、美味しくなり保存性も良くなるものになります。
代表的なのは納豆菌を使って作っている納豆になるでしょう。
酵素とは何かというと、全ての生き物が持っている特殊なタンパク質で、食物にだけあるのではなく人間もアミラーゼなどの酵素を持っています。
そして、酵素は体内で様々な働きをしているので生命活動には欠かせないものなのです。
この様に発酵と酵素は全く別物ですが、両方を食べることで消化酵素を節約し酵素や栄養素を補い合うことが出来るので一緒に摂ることが望ましいのです。