酵素を食事で十分に摂取する方法

生の野菜や果物を朝食で食べる

食事で十分な酵素をとりたいならば、生の食材を取り入れてみましょう。野菜や果物に含まれている酵素は、体内に入ることで消化酵素の役割を果たしてくれます。そのため、人間の体内に含まれている酵素が節約できるので、代謝酵素をより多く新陳代謝に回すことが可能です。
また、酵素がより活発に働くための補酵素というビタミンやミネラルも生の野菜や果物には豊富に含まれています。酵素を活発にしながら、消化酵素が節約できるのが魅力です。このような食材を生活に取り入れるならば、まずは朝食でフルーツや生のフルーツジュースを摂取しましょう。季節によっていろいろな食材を選ぶのが続けるコツです。この他、生の魚や肉にも酵素は含まれています。

発酵食品をとりいれる

発酵食品にも多くの酵素が含まれています。日本でも身近な発酵食品として大豆を使ったものがあり納豆やしょうゆ、みそなどが該当します。このような発酵食品は消化が良く、人間が消化するために必要となるエネルギーや消化酵素が少ないのが特徴です。体内に入る前から微生物や酵素の働きによって消化をするための準備が整っているためです。
このような食材にお酢を混ぜると、より酵素の働きが活性化します。また、生の野菜をすりおろして混ぜるのもおすすめです。酵素をむだなく摂取することができます。なるべく皮も一緒にすりおろしましょう。酵素が含まれる食材と、働きをサポートする食材を一緒に食べるのが効率よく酵素を取り入れるコツです。